センター主催イベント

  • 一覧で見る
  • カレンダーで見る
1
2
3
4
5
おおいた障がい者アート展 vol.1 日常のアート
おおいた障がい者アート展 vol.1 日常のアート
2020年02月5日 – 2020年02月16日
【 展 示 内 容 】 「ボクラの世界」 〇県内で活動する作家(36人)の作品展示 〇第37回髙山辰雄賞ジュニア美術展に受賞した特別支援学校等生徒の作品展示 <関連イベント> 第24回「ときめき作品展」 日時:2020年2月5日(水)-9日(日)10:00〜18:00 会 場:iichikoアトリウムプラザ (大分市高砂町2番33号 iichiko総合文化センター1階) 展示作品:絵画、工芸、写真、書、陶芸 「やっぱり ぼくには わからん展 ~やまなみ工房 施設長のホンネ~」 〇やまなみ工房の作家(8~10名程度)の作品展示作品点数80~100点程度 独創的な作品を生み出し続ける障害者施設「やまなみ工房」。 アメリカやヨーロッパのアート市場を中心に世界的な注目を集める彼らの展覧会が 大分県立美術館にて開催。 やまなみ工房のアートをテキスタイルに展開したファッションブランド「DISTORTION3」も 併展します。 <関連イベント> 映画『地蔵とリビドー』上映 (公式HP) https://www.jizolibido.com 会 場:シネマ5(〒870-0021 大分市府内町2丁目4-8) 2020年2月8日(土)~14日(金) 時間:上映時間は映画館のホームページでご確認ください。 (シネマ5公式HP) http://www.cinema5.gr.jp/
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
展示のイ・ロ・ハ ~「魅せる」展示を目指して~「おおいた障がい者アート展vol.1 日常のアート」ギャラリートーク
展示のイ・ロ・ハ ~「魅せる」展示を目指して~「おおいた障がい者アート展vol.1 日常のアート」ギャラリートーク
2020年02月15日 –
おおいた障がい者芸術文化支援センターでは、令和2年2月5日(水)より大分県立美術館にて『おおいた障がい者アート展vol.1 日常のアート』を開催します。 今回のセミナーでは、本展をご覧いただきながら、今回の展示の『魅せる』ポイントを皆さまにご紹介いたします。 【解説】  山下 完和氏(社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房施設長)  池田 隆代 (大分県立美術館 主幹学芸員)  吐合 紀子 (おおいた障がい者芸術文化支援センター センター長) 【スケジュール】    13:00 受付    13:30 ギャラリートーク「やっぱりぼくにはわからん展」山下 完和氏    14:00 ギャラリートーク「ボクラの世界」池田 隆代、吐合 紀子    15:00 終了
つくったものは、だれのもの? ~作者の権利保護について~
つくったものは、だれのもの? ~作者の権利保護について~
2020年02月15日 –
いま、障がいのある人が創造したアートを活用する場面が、様々な広がりを見せています。 作品の販売やデザインの展開を考えたとき、突然立ちはだかる「著作権」という謎について、具体例を交えて解説します。 【講師】  樋口 龍二氏(九州障害者アートサポートセンター センター長) 【スケジュール】   15:20 講義「作者の権利保護について(仮)」 樋口 龍二氏   16:20 質疑応答   16:50 終了
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29