4月
29
gallery MAPO (ギャラリーマポ) 雪白(せつはく)
2021年04月29日 – 2021年08月1日

大分県立美術館OPAM2階の『gallery MAPO』。今年度第1回目の展示では雪白(せつはく)さんの作品をご紹介します。2020年のセンター企画展『あやなす ひかり』でも出展した雪白さん。パソコンや色々な画材を使った作品6点を展示しています。ぜひお立ち寄りください。

 

出展作家 雪白 (せつはく)

展示期間
令和3年4月29日(木・祝)~令和3年6月30日(水) 8月1日(日)まで延長

 

gallery MAPOについて
つくりたいから、つくる。描きたいものを、描く。
『gallery MAPO』は、自らの思いを自由に表現した作品を紹介するコーナーです。
こうした表現は「アールブリュット(生の芸術)」や「アウトサイダーアート」などと呼ばれています。

「MAPO」とは「magic pocket」……「魔法のポケット」という意味を込めました。
小さなポケットから魔法のように生み出される不思議な作品たちをイメージしています。

大分県内で活躍するアーティストの「生」の表現を、ゆっくりとお楽しみください。

 

 

 

6月
28
絵漉き紙工房ほこほこ 初作品展
2021年06月28日 – 2021年08月31日 全日

別府市内竈の社会福祉法人「べっぷ優ゆう」による初めての作品展が、大分銀行太陽の家支店で開催中です。べっぷ優ゆうでは、紙漉きや絵画活動などに取り組んでいます。心おもむくままに生み出された作品をご覧ください。

いろとりどり展
2021年06月28日 – 2021年07月31日

大分市在住の 甲斐瞳さんの作品展が開催されています。

いろとりどりの作品が並んでます。ぜび、お立ち寄りください。

8月
19
アール・ブリュットの芽生え展~障がいをこえて~
2021年08月19日 – 2021年08月27日

別府市では、平成26年4月1日に「別府市障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる条例」(通称:ともに生きる条例)が施行され、共生社会の実現に向け各種施策を実施する中、芸術文化活動における合理的配慮の推進として、平成27年度より「別府市アール・ブリュットの芽ばえ展 ~障がいをこえて~」を開催しています。

今年度も実施いたします。

詳細は こちら

 

8月
24
オープンアトリエ(5つのアトリエ)のご案内
2021年08月24日 – 2021年12月18日

1.趣旨・目的

障がいのある人、特に自宅や施設等で創作活動の機会が十分に持てず、

活動の場を必要としている人に対して、障がいのある人とない人がともに

芸術文化活動を楽しむ場を提供する。

2.日程・講師・内容等

①触って、貼って、描いて ―不思議な形の彫刻を作ろう!―

 日時:8月24日(火)10:30~12:00

 場所:大分県立美術館2階 研修室

 講師:大分大学教育学部講師(彫刻家)村上佑介

 対象者: 15人 小学生・中学生

②ユラユラにゃんにゃん

 日時:8月30日(月)10:30~12:00

 場所:大分県立美術館2階 アトリエ

 講師:大分県立美術館 教育普及室長 榎本寿紀

 対象者:10人 小学生・中学生

しげやんと行こう!2021年ダンスの旅

 日時:10月2日(土)10:30~12:00

 場所:iichiko総合文化センター地下1階 大練習室

 講師:ダンサー 北村成美

 対象者:15人 小学生以上

さわらずに ふれる!?ダンス

 日時:11月27日(土)10:30~12:00

 場所:iichiko総合文化センター地下1階 リハーサル室

 講師:ジャワ舞踊家 佐久間 新

 対象者:20人 小学生以上

     ⑤ふわぽかペット

 日時:12月18日(土)10:30~12:30

 場所:大分県立美術館2階 研修室

 講師:美術家 Kana

  対象者:15人 小学生以上

3.受付開始日

   ①、②については、8/2(月)から先着順

   ③、④、⑤については、9/1(水)から先着順

4.申込方法

  下記、センターまで電話・ファックス・メールにて

  申し込みをお願いします