12月
28
gallery MAPO (ギャラリーマポ) 希美 第二期
2020年12月28日 – 2021年02月28日

大分県立美術館OPAM2階の『gallery MAPO』では、希美 (Nozomi)さんの作品展第二期を開催中です。佐賀バルーンフェスタの作品や今年の干支にちなんだ牛の作品など、新年にピッタリな清々しい作品たち。ぜひお立ち寄りください。

 

出展作家 希美 (Nozomi)

展示期間
第二期 令和2年12月28日(月)昼12時~令和3年2月28日(日)

 

gallery MAPOについて
つくりたいから、つくる。描きたいものを、描く。
『gallery MAPO』は、自らの思いを自由に表現した作品を紹介するコーナーです。
こうした表現は「アールブリュット(生の芸術)」や「アウトサイダーアート」などと呼ばれています。

「MAPO」とは「magic pocket」……「魔法のポケット」という意味を込めました。
小さなポケットから魔法のように生み出される不思議な作品たちをイメージしています。

大分県内で活躍するアーティストの「生」の表現を、ゆっくりとお楽しみください。

 

 

 

 

1月
9
ネジ5th-leaf作品展示
2021年01月9日 – 2021年01月29日
展覧会「あやなす ひかり」にも出展したネジ5th-leafさんの作品展が別府で開催されています。
==========
「ネジのネジ 〜ネジ、落ちてるよ。〜」
会期:2021年1月9日(土)〜29日(金)
11時〜17時(火・水定休)
会場:カレーやmomo(別府市楠町8-3/駐車場無)
入場無料
✳︎フェイスブックページ
==========
1月11日(月・祝)、会場では、衛藤宏章さん(盲目の噺屋・ザトー)の企画による作品鑑賞ワークショップ「見方のみかた」が開催されていました。衛藤さんは、昨年センターが主催した「みえない+みえる=みる ~みんなで美術作品を鑑賞しよう~vol.2」の講師のひとり。視覚障がいのある人と無い人でともにつくる美術鑑賞の場を企画されています。